岩手県大船渡市三陸町越喜来

  •   16, 2011 16:21
  •  0
  •  0
「音楽で盛り上げよう。」「お笑いで勇気付けよう。」という動きはまだ早い。

通信網が成り立ってない中、大切な人が生きているか死んでいるかわからないままそれでもなんとか何食わぬ顔をして会社で仕事をしている人達がいる。
あらゆる手段を使って必死で安否を確かめている人たちがまだいる。
目の前で家族が波にさらわれた映像を繰り返し思い出しながら、雪の降る避難所で震えている人たちがいる。
安置所で身内の確認をしたばかりの人たちがいる。

冷たい雨雪の温度を、不吉な潮の匂いを想像して欲しい。
その本当の残酷さをまず理解してほしい。

だからそういうアートやらお笑いやらの動きはまだ早い。
少なくとも俺らの家族にはまだ早い。

いずれ必ず、音楽やお笑いのあなた達の力が必要になります。それまでどうか待っていてください。
今は少しでも茨城や東北の人たちのためにお金を集めてあげて下さい。
自分は今日も働いてお金を貯めます。出来る範囲で愛想を振りまきます。


岩手県大船渡市三陸町越喜来は昔もこれからも大好きなところです。
かわいがってくれた爺ちゃんを自分達兄弟は知らず知らず、父の真似をしてずっと「とうちゃん」と呼んでいました。
関連記事
レッスン場所と日時をチェック!
⇒ 都内各地でカポエイラクラスをしております。詳しくはこちら

0 Comment

Post a comment