•   22, 2009 16:09
  •  0
  •  0
3日前から両親と愛犬逹が沖縄に遊びに来てる。
両親はホテルに泊まって、犬達はペット禁止の自分のアパートでこっそり預かってる。

自分の部屋の中に柵を設けて寝かせてるけど、昨日今日は夜泣きが酷い。無視してみたけど鳴き声が響く。夜中に起きて小屋代わりに使ってる風呂場に入って床に座ってやると安心して直ぐに眠り始めた。
そうか、、、風呂場が嫌だったんじゃないんだ、俺が見えないのが嫌だったんだ。その安心した寝顔を見ていると胸が詰まって何とも言えない気持ちになる。

ここ数日での沖縄での両親の顔が浮かんだ。感動している顔、楽しそうな顔、疲れた顔。家族とはやはり友とは別次元で大切なもの。

じいちゃんばあちゃんが行ってしまったように、両親も犬達もいつかは行ってしまう。

愛するものがいつか死んでしまう寂しさを味わうくらいなら
自分は自分の人生を短く太く生きて、ブラジルでもアフリカでもいる時に流れ弾にあたって満足気に笑いながらサラッと先に逝ってしまいたい。
で、先に待ってたい

いやいや、自殺願望ではなくて 笑

でもこれは「逃げ」だね
誰もが正面から受け止めなきゃいけない。
心がもろくなっている証拠です。


父ちゃん母ちゃん小鉄(犬)みりん(犬)は多分長生きすると思うけど、大切な人達に久々に会ったら、こんな気持ちにさせられた
関連記事
レッスン場所と日時をチェック!
⇒ 都内各地でカポエイラクラスをしております。詳しくはこちら

0 Comment

Post a comment