ブラジル日記第一弾◆2005年4月19日(火)晴れ

  •   19, 2005 15:42
  •  0
  •  0
[場所:ブラジル、リオ]

昼頃、UERJ(州立大学)のAna Paulaから電話がきて、UERJに行った。
そこでポル語のテストを受けた。その結果で自分のクラスが決まるらしい。

っていうか、ポル語の授業を受けられんの?初耳~。
初耳のことが多すぎて、正直、戸惑う。

ずっとこうだったら嫌だなー。俺にも事情があります。水道局の研修生ですから、、、

 
帰りにRua. Hadock Lobo(家の近くの通り。最近、撃ち合いがあった。)の中国人が経営している
Pastelaria(パステウというブラジルの軽食を売っている店。フルーツジュースとかもここで飲める。)に
寄って、açaí(アサイ。鉄分満載のおいしいシャーベット。)とjoelho(ハムチーズトースト)を買った。
最初、店のおやじに中国語で話しかけられて分かんなかった。日本人だよーん。


168249492_59.jpg
(仮住まいがあるTijucaの夜景)
関連記事
レッスン場所と日時をチェック!
⇒ 都内各地でカポエイラクラスをしております。詳しくはこちら

0 Comment

Post a comment