ブラジル日記第一弾◆2005年8月21日(日)快晴

  •   21, 2005 10:12
  •  0
  •  0
Copacabanaビーチの歩道でaulão(合同練習)と称してカポエラのパフォーマンスがあった。
Posto6(※)一帯がカポエリスタたちで真っ白になるのだ。
そういえば、初めてブラジルに来た二年前のこの日もここでこうしてカポエラをしていたな。
よくまた来れたな~。

aulãoの後、アンゴラーノ(アンゴラ人)達が太鼓を叩きながら彼らの国の踊りを始めた。
そして俺も呼ばれて輪の中で踊らされた。楽しかった。

歌の内容は”Quem nao dancar, mande ele em bico lele~!”みたいな感じだった。
意味はわからないけど、楽しいメロディーだった(笑)。

踊った後、なぜかモスクワ支部の奴に「いいダンスだったよ」ってほめられた。


※Posto6..........リオのビーチには所々にPosto1、2のように名前がついた目印がある。
たいていはシャワーが浴びれたり、トイレが使えるような小さな施設がある。
ビーチは長いので、待ち合わせの際などに「Posto5で会おう」のように言う。


807109263_251.jpg
※写真1:今回の世界大会の上位たち。
関連記事
レッスン場所と日時をチェック!
⇒ 都内各地でカポエイラクラスをしております。詳しくはこちら

0 Comment

Post a comment