ブラジル日記第一弾◆2005年4月12日(火)晴れ◆

  •   12, 2005 08:48
  •  0
  •  0
[場所:ブラジル、サン・パウロ]

今日、初めて小貫大輔さんに会った。
サンパウロ郊外のわりと開けたファベーラ(ブラジルではスラム街の事をこう言う)Monte Azulで
ボランティア活動をされている方だ。もともとAIDS(ブラジルでは「アイジス」と発音)予防に関する
取り組みをされている。
 ブラジルでの過ごし方、人との付き合い方、心構え、挨拶の仕方などなど、明日から自分達研修生が
置かれる一人ぼっちの生活の中で欠かせないものばかりだった。日本人の恥ずべきところ、おかしなところを
指摘されて胸にグサグサ刺さった。けど、本当に勉強になった。
「ブラジル流の挨拶」の時間ではbeijoをやった。お互いのほっぺに2~3回キスをするものだ。
地域によって回数は異なる。バイーアは3回だとか。練習は同期の女の子と。ちょっとドキドキした 笑

 夜は「引き継ぎ式」。くっそ暑い中、全員スーツで椅子に座り、会場に集まった関係者達の前で代表が式辞を日本語&ポル語で読む。俺の引受人のHenriqueさんは来ていなかった。
 
式は早めに切り上げて、ホテルでシャワーを浴びてからオスギ、モモちゃんとホテル前のbar(バール)で飲んだ。
そこで1人の日本人旅行者と知り合った。名前は「ケンちゃん」。モモちゃんはケンちゃんとずっと話してた。このケンちゃん、夕方にスーツで歩いていく日本人の集団を見て以来ずっと気になっていたらしい。
 
 3時頃にバールが閉まったので、みんなでちかくのケンちゃんのアパートへ行った。
部屋を暗くして、音楽をかけて、ピンガを飲んだ。 なんだこの出会いと妙な展開(笑)日本で日本人同士が同じように出会ってもこうはならないけど、ブラジルという国は日本人同士もこうさせる不思議な空気を持っている。
 
 その頃、同期のMとYとIとTとetc、、、は魅惑の初ボアッチへ、、、MとYが一番早く帰ってきた。顔がギラギラしてた。
関連記事
レッスン場所と日時をチェック!
⇒ 都内各地でカポエイラクラスをしております。詳しくはこちら

0 Comment

Post a comment